六角穴付きボルト・ホーローセットのアンスコ TOP > ゆるみ止めねじ・加工
ゆるみ止めねじ・加工

アンスコのゆるみ止めねじ・加工はニーズに合わせた2タイプ

繰り返し式(ナイロンタイプ) 固着式(プレコートタイプ)
ナイロンの収縮機能を利用して、横軸の力を発生させ、ゆるみ止めの効果を発揮します。 締結時、マイクロサイズのカプセルが潰れることにより、その中から特殊な接着剤が出ることで、それがねじ部に硬化し高い固着力が得られます。
ゆるみ止め機能 ○
メンテナンス機能 ◎
締め付け時 ○
ゆるみ止め機能 ◎
メンテナンス機能 繰り返し使用すると固着力が低下します。
締め付け時 塗布物の削りカスが出る場合があります。
詳細はこちら 詳細はこちら

繰り返し式(ナイロンタイプ)のゆるみ止めねじ「ユルマナイ加工」

ユルマナイ加工

アンスコのユルマナイ加工は、ナイロンの反発弾性を利用し、繰り返し使用が可能な強力なゆるみ止めです。化学薬品にも強く、振動が発生する機器全般でご利用いただけます。特殊ナイロンを希望の位置に加工することができるので調整ねじとしても最適です。軸力のかからないところでも調整位置の保持ができ、脱落防止効果を発揮します。

ユルマナイの特殊ナイロンはファスナーが最後まではめ合っていなくてもロックするので、調整ねじとして最適です。
特殊ナイロンの反発弾性を利用して締結部全体で強力なゆるみ止め効果を発揮します。接着剤とは違い繰り返し使用が可能性あり、廃棄する場合は分解も可能で分別廃棄にも適してます。増し締めメンテナンスが可能なゆるみ止め加工です。

食品衛生法にも適合しており安心してお使いいただけます。

このような場面で威力を発揮するアンスコのゆるみ止め加工

アンスコのゆるみ止め加工が活躍する場面

産業機械、電動工具、農業器具など振動の多い場所に最適です。
組立工場の製造ラインにおいて、位置決めしたいとき、仮締めから増し締めしたいときに効果的です。

食品衛生法にも適合しており、食品加工ラインにおいても使用実績が豊富です。

美容院のはさみ、めがねなど身の回りでゆるみ止め機能を持たせたい商品にも安全に安心してご使用いただけます。

また、使用しているナイロンの特性のため幅広温度域で使用できます。
ND社の独自開発された特殊ナイロン材は-21℃から121℃の広い温度域で効果を発揮します。

ユルマナイ加工

コストダウンが可能な理由とは

アンスコのユルマナイ加工を使用することにより、従来の座金・コッターピン・スプリングワッシャーなどの使用を廃し、部品コスト・部品在庫管理コストの低減と、工数削減が多箇所にわたり達成できます。また、ねじ締結作業のスピードアップも、組立ラインにおける時間短縮に貢献いたします。

つまり、高くついてしまう座金や割りピン・溝付きナット等を必要としていないのでコストダウンに繋がります。
締め付けトルク値がなくなった状態でも脱落しません。

環境にやさしく再利用できるゆるみ止めねじ

溶剤を使用せず、使用樹脂がナイロンの為人体に対しても悪影響がありません。有機溶剤・有害物質を使用していないので環境にやさしい加工成分です。

また、ねじ自体を繰り返し締めたり、緩めたりが可能なので、ねじ部品そのものの持続的活用が可能です。さらに、メンテナンスやリサイクル回収が可能になるので、組立完成品の環境側面でも貢献いたします。

ナイロン樹脂の弾性を利用しており、ねじを締めたり、緩めたりを繰り返し可能にしています。そのため再利用も可能です。

自社で行うから安心、そして手間も省けます

安心の自社加工

日本国内で特殊ナイロンゆるみ止め加工を内製している六角穴付きボルト、止めねじメーカーはアンスコだけ!ボルトの生産からゆるみ止め加工までの一貫生産が可能です。これにより、中間の業務管理コストや運送代をコストダウンすることが可能です。

ユルマナイ理由

ロッキングとアジャスティング

融着した特殊ナイロンの弾性締付け圧力により、ユルマナイ加工を施した反対側のおねじがめねじに強く接触し、おねじとめねじのクリアランスをなくすことができます。摩擦接合力が発生し、強力な摩擦保持力を維持します。

軸/直角方向の振動があってもユルマナイ!

一方、ユルマナイ加工を施した部分は、スプリング機能が常に働いています。ですから、おねじの締付け動作をやめたとき、いつでもロック機能が働き、しかも固着しないため、強いにも関わらずおねじの微調整が可能です。

ぴったりはめ合った時、ユルマナイ加工は積極的にロッキングし、極度な衝撃振動に耐えることができます。

固着式(プレコートタイプ)のゆるみ止めボルト

接着剤を封入したマイクロカプセルを、ボルトやナットのねじ部に塗布しておき、かん合した時にマイクロカプセルが破壊され接着剤がねじ部に硬化する事で、高い固着力が得られます。

固着式のゆるみ止めねじ

このような場面で威力を発揮するプレコートボルト

プレコートボルトの活躍するシーン

プレコートボルトのメリット

・ボルトの『もれ』、『ゆるみ』を防止します。

・幅広いサイズのボルトに対応可能です。

・ボルトとの一貫生産により管理コストの低減が可能です。

・ロック効果とシール効果を同時に実現可能です。

・ラインでの作業時間短縮、作業時のバラツキをなくします。

「ゆるんでは困る」という部分へのニーズにお応えします!

弊社のゆるみ止め加工以外にも、様々な方法によってお客様の「ゆるんでは困る!」という課題を解決いたします。

ゆるみ止めのねじといっても様々な種類があるので、最適な加工方法やねじの紹介が可能です。

「ねじがゆるんでは困る!」という機器の設計についてはお気軽にご相談ください。

Service&Products
Factory&Quality
Company
TEL:0561-48-2430
試作・サンプル依頼
お問い合わせ